168
2023.09.30 Saturday

季節の変わり目の体調変化について

季節の変わり目は体調を崩しやすいといわれています。

朝晩の寒暖差が激しく、気圧の変化も大きいため、この寒暖差と気圧変動が体調不良を引き起こすきっかけと言われています。

特に秋は台風シーズンのため、急激に気圧が変化します。

気温や天候による体調変化には、自律神経が大きく関係しています。

 

日中や活動時に作用する「交感神経」と、夜間やリラックス時に働く「副交感神経」の2種類があります。

バランスを取って作用することで、体温や発汗の調整、呼吸、循環、代謝などがスムーズに行われます。

しかし、寒暖差が大きくなると、体温や発汗を頻繁に調整しなければならなくなるため、エネルギーを消耗して疲れやだるさが出てしまうのです。

 

そのような時は、サクセスカラーパレットの「メンタルカラー」「チューニングカラー」を使用してみて下さい。

 

チューニングカラーは、色の力で脳をクールダウンさせることができます。

リラックスした状態に導き、副交感神経を優位にしてくれるサポートをしてくれます。

 

また、My Power Timeで太陽を浴びるのも副交感神経を優位にする作用があります。

また、気圧の変動も大きな影響を与えます。

 

気圧の変化で、血管が収縮したり、膨張したりします。

それを交感神経と副交感神経を切り替えて通常時の血管の状態に戻そうとします。

そのため、自律神経が乱れ、仕事中や授業中に眠気や倦怠感が表れます。

台風のような急激な気圧の変化で自律神経のバランスが乱れ、頭痛などの症状が見られる場合もあります。

 

頭痛など具体的な症状が出てしまったら、「ベースカラー」や「ヘルスカラー」を意識して使いましょう。