47
2020.10.05 月曜日

Have toをなくし、Want toへ

〜しなければならない
〜したい

 

例えば、こんな感じです。

 

「今から買い物に行かないといけないから」
「これをしないといけないから」

 

など、よく使っている言葉かもしれません。

 

この言い回しを

 

「今から買い物へ行きます」や

「今から買い物へ行きたい」

 

「これをする」や
「これをしたい」
と、変えてみるだけでいいのです。

 

「しなければならない」と認識した時点で、人のパフォーマンス(実行力)は下がります。

 

一方、自分がやりたくてやっていると思うと、目の前の事柄がとても軽く感じます。

 

カラーパスポートの、自分自身の色を使う時の心持ちも同様です。

 

「今日は、初対面の方とお会いするので、情報カラーの色を身につけないと」と思って使うのと、「今日は、初対面の方とお会いするので、情報カラーの色を身につけよう」
と思って使うのでは、結果が変わる可能性すらあるのです。

 

ご自身の心に、耳を傾けてください。
「〜しなければならない」
と思って、行動している事が結構あるかもしれません。

 

見つけたら、変換、見つけたら、変換を繰り返し、「〜したい」を多くしていきましょう。