128
2021.05.15 Saturday

「運」の性質

「運」は面白い性質があって、お金によく似ています。

「運」は貯めることも、貸したりあげたりすることもできます。

 

ただお金は使えば減りますが、運は使っても減ることはありません。人にあげても減りません。それどころか、あげた運は将来時間差はありますが、2〜3倍にもなって返ってきます。

運は自分だけで抱え込まず、人とやり取りすることで、どんどん大きくなっていくのです。

 

ツイている人にくっついていると、その運を分けてもらうこともできます。

その分野で成功している人たちに近づいて、どんどんいい運を貰いましょう。

「そんなことしたら、成功している人の運が減るのではないか」という、心配は入りません。先ほど話しましたが、運は使っても減ることはないのです。

そして、分けてもらった運で成功したら、今度は他の人に同じことをすればいいのです。

運を人にあげる。

人に使うことはどういうことかとい言いますと、それは、自分にできる範囲の事を誰かにする事です。

例えば、自分の通っている英会話教室を友達に紹介するとします。友達が気に入れば、紹介してくれてありがとう。と感謝され、英会話教室の先生にも感謝されます。

 

面白かった映画を友達に紹介する。美味しいパン屋さんを紹介する。友人の事業がうまく行くようお祈りする。などなど、どんな小さい事でも「誰かのために何かをすること」は、あなたの運を貯めることができます。

 

他人に幸福を分け与えることにより、それに正比例して自分の幸福を増加させるようです。

人の幸せに貢献できる人ほど運が味方をしてくれるのです。

 

このメカニズムはどんな仕事にも働いていますので、喜ばせた人の数が多ければ多いほど、結果的に収入もそれに比例して多くなるように出来ているのです。

 

「人を応援したり、もっと喜ばせたい」という気持ちで仕事をしていると、素晴らしい人が集まって来ます。

 

「運」を自分のためにも、お裾分けする為にも運気アップして貯めていきましょう。