24
2021.07.08 Thursday

四次元パーラー 「あんでるせん」

「あんでるせん」に初めて行ったのは、今から25年ほど前、上の子がもうすぐ4歳、下の子が6ヶ月の時でした。

その頃は、8時半に整理券を配るのですが、4時頃から並んで、すでに前には何組か並んでいたのを覚えています。

子供二人をレンタカーの車の中で寝かせ、私と主人が交代で並んでいました。

 

今は、2ヶ月前の1日が電話予約開始になっていて、年内にどうしても行きたくて、お友達と1日に予約の電話を入れました。

8時スタートで、1時間以上繋がらず、諦めかけたその時にやっと繋がったのです。9時06分でした。

 

お友達と予定をすり合わせて、2人が大丈夫な日が2日間しかなく、恐る恐る日程を伝えたところ、ピンポイントで空いていたのです。
電話越しに「やった〜」と声を出して喜んでしまいました。

カウンター席が取れたのです。

 

諦めかけた時、それでも諦めずに続けてみるか、また次でいいかなぁ!ってやめてしまうかで、結果が変わるという事を、この「予約を取る」という体験から、1つ学びを得た気がします。

 

日々の生活の中でも、とても参考になる出来事でした。

 

知らないうちに、勝手に枠をつけて人生を送っていることに気づく場でもある「あんでるせん」とても楽しみです。