25
2020.11.04 水曜日

私を魅了したカラーパスポートとは?

私を魅了したカラーパスポートとは?

科学的な実証に基づいた「色診断」です。

視覚色彩心理学からあなたに必要な色が導き出されます。

 

人間の五感のうち、視覚から受け取る情報は87%、その中で色からの情報は67%を占めます。
色を感じることにより、脳に影響を与えます。

視覚色彩心理研究所では、検査機関との共同作業で「光=色」と「脳波」の関係を測定して脳が感じる色を測定しています。その色を体は感じます。

身体のどこの部位がどう感じるか、どう反応するのか、人により感じ方、反応の仕方は違うのです。

脳波を計測したデータから、あなたの脳、身体が反応する色を導き出し、どう使うと効果があるのかを科学的に診断した色を、視覚色彩研究所の提供するあなたの色です。

 

B2カラーとセロトニンの関係

絶対のエネルギーの色(B2カラー)を30〜90分毎日使用することで、セロトニンの発生を確認出来ます。

 

セロトニンは脳に広く分布していて、神経伝達物質として、心を穏やかにして感情制御を行い、脳の発育を促進する、神経活動の微妙なバランス機能を保ちます。

セロトニンのバランスが崩れると神経制御が不安定になり精神が不安定になります。

 

低セロトニン症候群とは?

動物実験では、セロトニンが減る事で、攻撃性が増す!という報告があります。セロトニンを増量する事で、穏やかになり、サービス精神旺盛になります。

 

カラーパスポートをお持ちでない方のセロトニンの増やし方は…

「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンの分泌には日光を浴びることが欠かせません。運動に関しては、一定のリズムで行なう運動がセロトニンの分泌を高めてくれます。リラックスして、朝、毎日15分程度のウォーキングを楽しんでみてください。

 

他には食事の際の咀嚼、意識的な呼吸、バランスの良い食事、適度な運動、感情を動かす、睡眠をしっかり取るなど…
ぜひお試しください。

 

心穏やかに過ごす事が、直感が冴え、ストレス回避になります。